イギリスに持ってきたもの

イギリスに持ってきて良かったもの10選!

みなさん、こんにちは!

 

イギリスでの生活も早3か月目ということで、どこで何を売っているのか把握でき、生活の基盤は整いましたよ。

そして日本から持ってきて良かったものと、イギリスでも何とかなったなって物も分かったので、今回は日本から持ってきて良かったものを大きくざっくり分けて10個発表したいと思います!

 

ちなみに【30歳・女性・ホステル泊2週間からのフラットシェア】の場合です。

自炊せずホームステイで食事付きだといらないかな?と思うのもあるので、ご自身の状況と比べつつご参考までにどうぞ。

 

持ってきて良かったもの、こちら!

①カトラリー(箸、スプーン、フォーク、ナイフ)

f:id:sayoo_de_kensaku:20181217045304j:plain

日本人向けフラットは置いてある所も多々ありますが、置いてあるかどうか行ってみないとわからないし、ホステルにはそもそも無いです。

特にマイ箸は個人的に必須でした。

一緒に泊まった友達は割り箸持ってきてて、旅行だとその手もあるなとしみじみ。

行く前まで何にも思わなかったし、準備さえしてなかったけど、会社の海外経験のある先輩に餞別でいただいたので持ってきたのです。

頂いた時はウルトラマン!ネタになるー!くらいしか思ってなかったけど(笑)

「持って行っといたほうが良いと思うから」という先輩の言葉を、素直に聞いといて本当に良かったなと思ってます。

経験者の言葉のありがたみ。

私が住むフラットは、日本人向けなので、これまでに住んでいた方が置いていった箸やカトラリーがありますが、やっぱり綺麗に使わないとって気を遣います。

しかも部屋でご飯ゆっくり食べるので、意外と長時間確保することになるんですよね。

早く洗って戻さなきゃとかも正直しんどい。

大雑把でマイペースな私はそれがストレスになるので、自己責任でOKってだけで気が楽だし、慣れない環境の中でも、見慣れたもの・使い慣れたものがあるだけで気分が落ち着きます。

長期滞在だからこそ、自分の気に入っているものをお供にするのが、おススメです。

 

②調理用具(包丁、鍋、まな板、菜箸、しゃもじ)

イギリスはホーローやテフロンの鍋、フライパンが主流です。

圧力鍋や土鍋、ステンレスの鍋はあまり見ない。

私の目に入ってないだけかもしれませんが。笑

炊飯器は日本人向けフラットじゃないと、置いてる確率低いんじゃないかなと思います。

MixBで炊飯器が売りに出されていることもあるので、どうしても炊飯器が良いって方は見てみるといいかもしれません。

 

ただ私は鍋が良かった。鍋のほうが早く炊けるっていうのと、他の料理もパパッと作れて手軽だからです。

私はステンレスの小さい無水鍋を持ってきて、それで炊いてます。

日本であまりご飯食べてなかったのに、こっち来てから無性に食べたくなる不思議。

小さい鍋や調理用具があると、ホステルでもフラットでも自炊できるので、節約になります。

まな板や菜箸、しゃもじも、焦がしたり傷つけたり衛生面も気になるので、あると良きですね。

あと包丁。イギリスの包丁は切れません。切れるものは大体お高めのちゃんとしたやつです。

買えるけど、お金かけたくないなら持ってきたほうがいいです。

 

③海外電圧対応ドライヤー

ホステルでもフラットでも共用のドライヤーがあるかわかりません。

海外どこでも使えるものであれば、旅行の時も持って行けるので便利です。

ただでさえ水質が違ってパサついたり、ベタッとしやすかったりするし、冬場は無いと風邪ひくので、できるだけ持ってきたほうがいいです。

私はこのくるくるドライヤー持ってきましたよ。

電圧が切り替えられる仕様なので、日本はもちろん、イギリスでも使える優れもの。

差し込みプラグは日本のタイプなので、変換プラグにさして使います。

ちょっと高いかもだけど、ワンカールくらいならヘアアイロン無しでいけるので良き。

 

④バスタオル用ハンガー、洗濯バサミ

こういうやつ↓

 

イギリスはほぼ室内干しです。たまに外で干せるようになっている所もあるけど。

私のフラットは洗濯機に乾燥機能がついているやつを使っているので、ほぼ乾いた状態ではありますが、もう少し乾かしたい時や、ニットなどのハンガー跡をつけずに干したいものを引っかけて乾かすのにも役立ちます。

伸縮式のやつなので荷物もかさばらず。

ホステルの洗濯機は乾燥機別だったので、バスタオルハンガーと洗濯ひもが大活躍でしたよ。

 

⑤日本食(調味料含む)

 前のブログで詳しく紹介していますが、本当に持ってきて良かったと思います。

www.akagenosayoo.com

 特にフリーズドライの雑炊とそば。風邪ひいた時の非常食になりました。

醤油・味噌・白だしも大活躍!

イギリスでは醤油味、恋しくなります。

あと想定外に大活躍だったのが、ゆかりですね。あの塩加減、絶妙でたまらない。

イギリスでは良い塩梅の塩味ってなかなか見つかりません。

ごま塩は私には少し塩辛く感じるので、ゆかりくらいがちょうどいい。

友達がくれたのですが、すごくありがたかったですね。

ゆかりはイギリスで買おうとすると、通常サイズで400円くらい、徳用だと950円くらいする高級品に変貌します。

カレー・シチュー・ハヤシライスのルー全般もまだ大事にとってある(笑)

たらこスパゲティなどのソース類も可能ならあったほうがいいですよ!

本当に日本ならではの味、恋しくなります。

 

補足☆みりんと料理酒は酒税がかかるようで本当に高いです。

日本で200~300円のみりんでも1500円くらいになります。

はちみつや白ワインとかで代用はできますが、こだわりがあれば持ってきたほうがいいですよ。

  

⑥靴の中敷き

これはめちゃくちゃ個人的な必須アイテムですね。笑

ダイソーのクッション中敷きを3個持ってきました。

よく歩くってことと、イギリスでも安くて可愛い靴があれば欲しくなると思ったから。

すでに仕事用の靴やブーツを買っちゃったので、持ってきておいて良かったなと思います。単純に足が疲れにくい。

イギリスにも中敷きあるけど、ダイソーで売ってるような土踏まずにふっくらクッションが入っているようなものは見かけません。

全部が同じ厚さのならありますよ。

 

⑦ドアに挟めるフック

こういうフックで、写真みたいに引っかけるところが可動式の、真ん中に穴開いてるやつが最高。

これ友達が置いて帰ってくれたんですが、来てから使い続けてます。

無いと困るやつですね。

f:id:sayoo_de_kensaku:20181217225021j:plain

 

これが2つあると、室内で部屋干しする際に良い仕事してくれます。

こんな感じで、真ん中の穴にイギリスで買った干すやつを引っかけると、クローゼット前を物干しスペースに出来るのです。

f:id:sayoo_de_kensaku:20181217225050j:plain

生活感あふれる写真(笑)

ちなみにイギリスで買った干すやつ、本当はセントラルヒーティングに引っかける用ですが、部屋のセントラルヒーティングは背が低くて長いものが干せないので、こうなりました。

 

⑧変換プラグ、変圧器

これ無いと困るやつ。

海外周ろうと思っている方は特に必要かと思います。

また別の記事で紹介しますが、差し込み口を変えるだけのタイプを2つと変換・変圧が一緒になったタイプを1つ持ってきました。

 

⑨マスク

外ではつけません。部屋でつけます。

特に冬場はセントラルヒーティングも強めについてるので、乾燥します。

すぐ喉やられる。起きている時は水分補給できますが、寝てるときはそうもいかないので、風邪予防につけて寝てますよ。

異国の地なので、体調管理はいつも以上に万全に!

 

⑩ドライ用ヘアターバン

 

これね、本当に重宝します。特にロングヘアの方や、お風呂上りにタオルで髪まとめたまま先にスキンケアするって方(私のこと)。

絶対持ってきたほうが良いです。タオルの枚数が最小限に抑えられるし、ボタンで落ちてこないように固定できるので本当に便利。

イギリス来るタイミングで買ったけど、もっと早く買っときゃ良かった。

 

気付けば3500文字越え…熱く語っちまったな。

 

以上、イギリスからSayoがお送りしました\(^o^)/

-----------------------------------------------

ひっそりブログランキングに参加中です。

クリックいただけると嬉しいです^^

↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(イギリス)へにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へにほんブログ村 海外生活ブログへ